クリスマス・イブ Rap

そんなこんなで福岡出張に行ってきました。

福岡の街はすっかりクリスマスムード満点で、ソラリアの後ろにある公園ではイルミネーションがきらきらと輝いてて、それを見ながら微笑みあう恋人たちの姿があちらこちらにと。
こんな幸せな風景が多く見られるクリスマスが、僕は一年を通して一番好きなイベントですね。

そんな幸せ溢れる天神の街を歩いていると、どこかから一足早いクリスマスソングが流れてきました。
考えてみると、クリスマスというイベントは、夜、イルミネーション、音楽というそれぞれの素敵な要素が絶妙にシンクロしているイベントではないかと思います。
しばらくの間、デパートの壁に映されたちらちらと落ちる雪をイメージした照明を見ながら、このクリスマスソングに耳を傾けていました。

この曲は、KICK THE CAN CREWが山下達郎の「クリスマス・イブ」をヒップでホップな感じにカバーした素敵な曲です。

最近では、少し前に流行った曲をアレンジして歌う歌が多くなっていますが、この曲はその流れを作った曲ではないだろうかと僕的に思っています。

あえて完成度の高い原曲をどうこうといじらず、そっと添えるように歌われたラップが心地良くて、素直に良い曲だなって思いました。