ボーン・スリッピー

昨日、東京に行ってきました。勿論仕事。しかも恐怖の日帰り。

いやいやそれにしても、東京ってところはいつ行っても人が沢山いますね。
それが何時だろうと、どこであろうと。
みんながどこから来てどこに向かっているのか、ほんと不思議に思いますね。
そう言っている僕も、結局はその中の一人なんですけどね。

そんな多くの人波にゆらりゆらりと流されていると、ふとこの曲が頭に浮かびました。
なぜこの曲が浮かんだのか自分でもよく分からないのですが、決して悲観的な意味ではなくて、無機質でありながらも少し現実離れした東京という街のきらびやかさに変な高揚感を感るような、そんな気持ちになりつつ良い感じにループするこの曲を思いつつ、テンションが意味無く高くなりつつ。とか。

この曲は、映画「トレインスポッティング」でも有名な曲です。

この曲を聴くと、いかに夜遊びが楽しいことなのか。というよりも夜に遊ばないと、さもそれが損であるかのような気分になります。僕だけかもしれませんが。

とにもかくにも、毎日、こうして仕事仕事の生活をしていることが、ちょっぴりばからしく感じたり。

と若干現実逃避的な気分になりましたが、また明日からは福岡県へ出張です。
まあ、暇よりは忙しい方が結構好きだったりしますので、考え方を切り替えて楽しむようにしています。
そんな訳で、MIXCDでも作ろうかと。