ふと手にした本に以下の事が書かれていましたのでメモ。

「不可思議」とは
10000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000(0が64個)を表す単語。

念のため広辞苑を引くと「10の80乗」を表す場合もあるとのこと。?どっち?

「模糊」とは
0.0000000000001(0が13個)を表す単語。

こちらも広辞苑を引くと、?載ってない。

いずれにせよ、面白い表現だと思います。
「不可思議な現象」は10の64乗(80乗)分くらい不思議な現象であり、「曖昧模糊」は10の-14乗くらいはっきりしないことであるということですね。

日本語は面白いですね。一つ勉強になりました。