BIRD

昨日、冬の気配を感じさせる曲ってことで「今夜はブギー・バック」を書きましたが、この曲もそんな雰囲気を持っている曲ですね。(というか"サンタクロース"とかの単語が詞に入っているのでそのまんまですね。)

冬の気配を感じさせる曲が他にも沢山ある中、なぜこの曲かと言いますと、なんとROSSOが再始動するという情報を耳にしたからです。良いですね。カッコ良いですね。ロックな事件ですよ。これは。

ROSSOは、チバユウスケと照井利幸とMASATOといった錚々たるロック人による3ピースバンドだったのですが、今回は、チバユウスケ、照井利幸という二人に、フリクションに在籍していたイマイアキノブと佐藤稔というこれまたロックな2人が加わった4人編成となっているとの事です。

いやいや楽しみでしょうがないですね。最近、ロックな音をあまり聴いていなかったのでホント楽しみです。

しかも11月17日に発表されるシングルの曲名が「1000のタンバリン」との事、どこかで聞いたことあるような曲名ですが、それはともかく、曲名からもロックな雰囲気がちらりちらりと伝わってきませんか?僕は伝わりましたよ。とかね。

この曲は、ROSSOのファーストアルバム"BIRD"の2曲目に収録されています。
単純な3コードで作られたこの曲を、ここまでロックに昇華させることが出来るのはこの面子ならではだと思います。凄すぎです。
特にこのROSSOは、奏でられた音だけではなく、立ち居振る舞いというか各人の雰囲気というか一挙手一投足にロックを感じますね。

僕もこうありたいと日々願う毎日。無理だけどね。悲しいね。とかとか。