A Little Bit of Something

今日は朝から雨が降っていて、気分が少し情緒的になる。
仕事が一段落したので、合間にこんな曲でも聴いてみたくなった。

この曲は、トミー・ゲレロの"A Little Bit of Something"というアルバムの6曲目に収録されています。
プロのスケートボーダーだったトミー・ゲレロの作る音楽は、僕の「スケートボーダーはハードコア的な音を好む」という偏見にまみれた考えを完璧に覆す、あまりに知的で繊細な音でした。

全曲インストロメンタルのこのアルバムは最高傑作です。