クロスブリード・パーク (通常盤)

「今日も一日杓子定規で単純な大声を張り上げていた。」

人間なかなか素直になれない時もあったりして、蟻ほどもない小さな小さなプライドを頑なに守り、つまらないことに意地を張ったり。

月曜日早々、気が滅入っている時はこんな曲でも聴きたい気分。そして大声で歌いたい気分。

冒頭のフレーズが印象的なこの曲は、ニューエストモデルの"クロスブリード・パーク "というアルバムの3曲目に収録されています。
この曲は、童謡の「大きな栗の木の下」を絶妙にアレンジ(?)しています。ですが、歌詞はドシリと風刺が利いています。