蒼い夏

お盆のことを正式に「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言うことをこの曲で知りました。
この曲を聴くと、今この時の夏の楽しさというよりも、むしろ楽しかった夏を思う、またお盆に感じる郷愁的な気分を思い起こさせる、そんな気持ちになります。

この曲は、吉田拓郎の「伽草子」というアルバムの3曲目に収録されています。
この「伽草子」は、前作の「元気です」(超名盤)とは少し趣が違うため、「元気です」のノリを期待していた人たちから今一評価が低かったのですが、「伽草子」には、この”蒼い夏”をはじめ良い曲がたくさん収録されており、僕的には最高のアルバムであることに違いはありません。