BCE925FF-8DA7-4C5C-8D09-22C822975736




Tairaオススメ度:★★★★☆
---------
いつのまにか密室になった教室。
毎週必ず借り出される本。
あるはずの文集をないと言い張る少年。
そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。
何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。
さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!
第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。
----------

「青春ミステリ」という謳い文句だったので、甘酸っぱい恋愛を絡めながらの物語なのかなと勝手に解釈して、読むことをためらっていた作品だった。

ミステリー小説をお薦めしているいろいろなサイトで常にランクインされている作品だったので、食わず嫌いは良くないよなと思い読んでみた。

そうすると、たんたんとした語り口で謎を解決していく物語の流れは、読んでいて心地よくて、他のミステリー小説とは異なる独特の涼しい空気感をまとうとても素敵な作品だった。

氷菓というタイトルに秘められた謎が提示されたときも、謎に驚いたというよりも、謎を解いたときでさえ静かでたんたんとした雰囲気に包まれていることに感動した。

何にも汚されていない青春の1ページを、少しの時間一緒に過ごせたような、そんな清々しい気持ちになれた。

素敵な作品です。