めぐる
優河
Pヴァイン・レコード
2019-05-22





気がつけば今日で3月も終わり。

明日からは新しい年度がスタートする。

新型コロナウイルスのせいで、一層季節感もなく、節目のイベントもなく、ただ日々が重なっていく、そんな寂しさを覚えなくもない。

こんな気分の日には、心に優しく寄り添ってくれるような、静かに包んでくれるような、そんな歌を聴きたくなる。

僕が選んだのは優河のJune。

----------
欠けた月には身体を照らそう
夕闇に浮かんだ姿を愛そう
戸惑いながら踊りあかすのも
悪くないでしょう
悪くないでしょう
悪くないでしょう
悪くないでしょう
----------

美しいメロディが、こんな日もあるよと寄り添ってくれるような気がした。