53577A8D-8DFA-435C-BD3A-A6B7D3B74811

レイクサイド (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋
2006-02-10



Tairaオススメ度:★★★★☆
---------
妻は言った。「あたしが殺したのよ」
―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。
四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。
親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。
が、事件の周囲には不自然な影が。
真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出す。
傑作ミステリー。
「レイクサイド マーダーケース」
(青山真治監督、役所広司、薬師丸ひろ子主演)
として映画された傑作ミステリー。
----------

とても面白い作品だった。

ミスリードを誘うような内容があちこちに散りばめられていて、作品の中の登場人物も誤解をしているという表現があるけれど、僕もついつい変な想像を膨らませてしまった。そんな読者の後ろめたさを上手にミステリーとして取り入れた、とても興味深い作品だった。

結論としては、なんだそういうことかと納得したものの、それが逆に物足りなさを感じてしまったというのが正直な感想かな。

とはいえ、東野圭吾の作品は、どの作品を読んでも最後の最後まで気を許さない展開が待ち構えていて、この作品も、曖昧な結論まま終わるのかと思ったところでの結末に、さすが東野圭吾のミステリー作品だなと感動した。