トランタン (特別生産限定盤)
真心ブラザーズ
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2019-09-04





----------
鼻から空気を吸い込むたびに
僕はありがたがったりしてられない
僕が思うことはごくごくわずかな事
君の事なんか全く考えない
右足一歩踏み出すたびに
僕は嬉しがったりしてられない
痛みの記憶は体に刻み込まれ
生の終わりを思い起こす
まるで日の光に傾く植物のようさ
そよ風には体を揺らし
突風に折れるのもいいだろう
いいだろ

この世の全ての人々の為に
僕は涙を流していられない
今日も多くの人が
死んでいくのだろう
病死、老衰、自殺、事故、
殺されたりして
僕が知ってるのは
ごくごくわずかな事
知識は頭をスルーして
捨てていくのさ
僕は僕の素晴らしき人生の為に
寝っ転がってテレビを見ている
高い空を握りしめそうな
植物のようさ
吹きさらしに体を委ね
変わってゆくのもいいだろう
いいだろ

まるで日の光に傾く植物のようさ
そよ風には体を揺らし
突風に折れるのもいいだろう
高い空を握りしめそうな
植物のようさ
吹きさらしに体を委ね
変わってゆくのもいいだろう
いいだろ
----------

心に響く素敵な曲。

僕は僕の素晴らしき人生のために、そよ風も突風もそのまま受け入れて、ありのままでいられたらどれだけ良いだろうかと、心からそう思うよね。

令和元年度が今日で終了。明日からは新しい年度がスタートする。

楽しく過ごしたい。

それだけを切に願う。