やさしくなりたい
斉藤和義
ビクターエンタテインメント
2011-11-02





----------
地球儀を回して世界100周旅行
キミがはしゃいでいる
まぶしい瞳で
光のうしろ側に忍び寄る影法師
なつかしい昨日はいま雨の中に

やさしくなりたい
やさしくなりたい
自分ばかりじゃ虚しさばかりじゃ
愛なき時代に生まれたわけじゃない
キミといきたいキミを笑わせたい
愛なき時代に生まれたわけじゃない
強くなりたいやさしくなりたい

サイコロ転がして
1の目が出たけれど
双六の文字には「ふりだしに戻る」
キミはきっと言うだろう
「あなたらしいわね」と
「1つ進めたのならよかったじゃないの」

強くなりたい
強くなりたい
我慢ばかりじゃ
誤魔化しばかりじゃ
愛なき時代に生まれたわけじゃない
キミに会いたいキミに会いたい
愛なき時代に生まれたわけじゃない
強くなりたいやさしくなりたい
----------

どうすれば強くなれるのだろうか優しくなれるのだろうか、そんなことを最近ずっと考えている。

斉藤和義の歌を聴きながら、改めてそんなことを考えてみた。

強くなるということと、優しくなるということは、きっと自分と他人を受け入れることなんだろうなと、そう思う。