33893796-9DDD-4B97-AD01-2DA4CE55FEBC

久しぶりに本格な推理小説を読んでいる。

登場人物が示されて、外界から断絶されて、殺人事件が起こる。

さあ犯人は誰だ。

この人かな、でもこの人の言動も怪しいよな、と思わせてこの人なのかな、そうすると動機が分からないよな。

そんなことを考えながら読み進めるのが推理小説の醍醐味だよね。

やっぱり推理小説は面白いな。

いつか僕もこんな小説を書いてみたいものだ。