F7BC5645-8273-40D0-816B-3F6C5FFECADB



僕は仕事帰りに自分だけの時間をもつようにしている。

最近は、スターバックスでドリップコーヒー片手に本を読む時間が何よりも大切な時間となっている。

今日、この記事を読み、僕のそんな行動を肯定されたような気がして嬉しくなった。

----------
忙しい毎日、膨大な情報洪水に流され浮遊するのではなく、「沈潜する」時間を持ちたい。
本を読んで著者と一対一で対話する。
あるいは自分自身と対話する。
作品の本質に迫り、グッと自分の深い部分や心の奥底に沈んで潜っていく感覚です。
そこにはネットでの画像や動画の派手さや、SNSで短い言葉が飛び交う喧噪はありません。
静かな無音の空間、ゆったりとした時間の中で他者と出会い、自分自身と出会う。
まさにそんな心と精神の中に沈潜すると、今まで聞こえなかったかすかな音や、わずかな光に気がついたり、新たな発見や出会いがあったりする。
毎日の1時間を「沈潜する時間」に変えるだけで、世界は大きく変わって見えてくるのではないでしょうか。
----------

とても素敵な言葉だと思う。