0DB4F6F1-9AA2-40C7-B006-0B3749B456C9

今日は午後からこんな市民フォーラムを聴きに行ってみた。

医師や臨床心理士、弁護士が、それぞれの立場で自殺を選択してしまう人の心理やそのサポートのあり方について説明していた。

例えば、こういう話があった。

----------
自殺を考えている人に向き合う時の心構え

『TALK』

T=Tell:誠実な態度で話しかける。
腹をくくって聴く。身を入れて聴く。

A=Ask:自殺についてはっきりと尋ねる。
どこまで考えているのか具体的に訊く。

L=Listen:相手の訴えを傾聴する。
肯定も否定もせず、自殺を思うに至った心の苦しみを聴く。

K=Keep safe:安全の確保。
死なないでほしいと伝える。死なない約束をする。
----------

僕自身、心が弱るということがどういうことか、少しは知っていると思っている。

「気楽にいこうよ」、「大丈夫だよ」、「いつかきっとうまくいくよ」、そんな言葉は一切心に届かないことも。

そんな時は、ただ話を聴いてくれる人がいるだけで本当に救われるんだ。ということも知っている。

僕は、現代の格差社会の影の部分がこの問題なんだろうなと思っている。

きっとお金で解決できることも多いんだろうなと思ったりするけれど、そう単純な話ではないのかな。

いずれにせよ、とても勉強になったフォーラムだった。