A663A2AE-F26F-4C75-9C13-BD75711A477A

悪いうさぎ
若竹 七海
文藝春秋
2001-10



Tairaオススメ度:★★★★★
---------
少女たちはどこに消えたのか?
仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ、待望の長篇!
女探偵・葉村晶は、家出中の女子高生ミチルを連れ戻す仕事で怪我を負う。
一か月後、行方不明のミチルの友人・美和探しを依頼される。
調査を進めると、ほかにも姿を消した少女がいた。
彼女たちはどこに消えたのか?
真相を追う晶は、何者かに監禁される
飢餓と暗闇が晶を追い詰める……。
『依頼人は死んだ』『さよならの手口』『静かな炎天』と連なる好評シリーズ。
----------

軽いタッチの文章だけど不穏な雰囲気を纏っている。そんな葉村晶シリーズを堪能できる作品だった。

ミステリーでありながら、不必要にファンタジーに寄らない、リアリティのある世界観なので、とても興味深く面白く読めた。

一癖も二癖もある登場人物達。そしてその登場人物達の思考。また現実に起こりそうな事件の数々。

それらが、主人公の都合よく展開せずに、ときには歯がゆく感じつつも、きちんと各々の人格として行動しているので、それが物語のドラマ性をより高めているのだろうなと、そんなことを思ってみた。

葉村晶シリーズはやっぱり面白いな。