IMG_0868




Tairaオススメ度:★★★☆☆

----------
ぼくはピエロの人形だ。
人形だから動けない。
しゃべることもできない。
殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。
もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば……
しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。
前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。
----------

良くも悪くもあっさりした印象の内容だった。

ピエロの人形の視点を挟むことで少しずつ謎が解明されていくという展開がこの物語の肝だけど、そもそもその視点は必要なんだろうかと思わなくもなかったり。

もちろん、その視点があることでミステリーに一味違う面白みが出ているとは思うけれど、その要素が物語に深みを与えているかというと、果たしてそうでもないような気もするし。

それでも、東野圭吾のミステリーは安定の読みやすさで、描かれている舞台もイメージしやすく、面白いか面白くないかで言うと、間違いなく面白い小説だった。