IMG_0144

2017年も残りわずかですね。

僕は今年も全力で走りきりました。それはもう全速力で。

今年のはじめは、国の大きな事業に手上げし、採択されるために東奔西走してはたくさんの偉い方々にプレゼンを行い、その結果、大きな予算を獲得することができました。
この事業が決まってからは、いろいろな事業から参画しないかとお声かけをいただくようになり、このチャンスを逃すまいと全ての事業への参加を決断し、忙しくも世界が広がったことを実感しました。

4月には、僕の会社で初の試みとなる、大きなイベントも企画し実行しました。
このイベントは賛否両論ありましたが、僕はこのイベントからたくさんのことを学ぶと同時に、会社と自分の可能性を明確につかむことができました。その意味では、実行して良かったと思っています。

ただ、今年一年は良いことだけではなくて、上記の事業をやや強引に進めたことで、僕の会社での立ち位置が少しズレてしまい、辛く苦しい日々を送ることにもなりました。

旧態依然な考え方を変えようと奮闘したけれど、それが果たして良かったのかどうか。僕の独りよがりなんだろうか。そんなことを日々自問自答した1年でもありました。

それでも、先日のブログにも書いたように、こんな僕の考え方に賛同し、理解し、協力してくれる仲間や後輩の存在が僕を救ってくれました。

僕が倒れようとすると皆が背中を支えてくれました。倒れるのはまだ早いと、前だけを見ていれば良いんだと、ゴウゴウと吹く逆風の中を一緒に前に進んでくれました。
迷い弱音ばかりを吐いていた僕の目を覚ましてくれました。

そんないろいろなことを経験した2017年は、僕の転換期だったと考えています。

そういう意味では素晴らしい1年だったと思います。

そんなことを宮古島のマックでホットコーヒーを飲みながら綴っています。

良いお年を。


平良亮