本日、厚生労働省から都道県別平均寿命が発表された。

沖縄県は、男性が36位、女性が7位という結果。

前回(平成22年)は、男性30位、女性3位という結果だったので、今回、男女とも順位を下げたことになる。

平均寿命自体は伸びているけれど、他県に比べてその伸び率が低かったという結果。

平均寿命の伸び率が他県に比べて低い理由の大きな要因は、65歳未満の若い世代の死亡率が高いということが言える。

65歳未満の健康状態は本当に悪くて、この状態がこのまま続くと、5年後の平均寿命順位は最下位になるのではないかというくらい深刻な問題。

そんな訳で、僕の会社でもいくつもの大きなプロジェクトを立ち上げて、5年後には最下位なんてもってのほかで、大きく順位を上げようと意気込んでいるところ。

僕がこれまで取り組んできたたくさんの事業は、全て5年後のための下準備。

後は、結果を出すための実践だ。

いろいろ大変なことも多いし、正直もうヘトヘトだけど、ここまで頑張ったのでせめて結果を出してからダウンしたい。

そうやって自分を奮い立たせるけれど、5年保つかなと思わなくもないなと。

何はともあれ、今日の発表が僕のスタート。

できるところまでは頑張ってみようかと。

5年後が楽しみだ。


h291213