Tairaオススメ度:★★★★★

----------
二代目教祖の継承問題で揺れる巨大な宗教団体“惟霊講会”。
超能力を見込まれて信者の失踪事件を追うヨギガンジーは、布教のための小冊子「しあわせの書」に出会った。
41字詰15行組みの何の変哲もない文庫サイズのその本には、実はある者の怪しげな企みが隠されていたのだ―。
マジシャンでもある著者が、この文庫本で試みた驚くべき企てを、どうか未読の方には明かさないでください。
----------

とんでもない本に出会いました。

トリックが明かされた時、あまりの衝撃と驚きに体が震えました。

本当にすごいです。

これまで読んだミステリー小説の驚きとはまた違う驚きに心から感動しました。

僕にとって大切な一冊になること間違いなしの本です。