Tairaオススメ度:★★★★★

----------
ひとりの週刊誌記者が、殺人犯を捜し当て、警察の腐敗を暴いた…。
埼玉県の桶川駅前で白昼起こった女子大生猪野詩織さん殺害事件。
彼女の悲痛な「遺言」は、迷宮入りが囁かれる中、警察とマスコミにより歪められるかに見えた。
だがその遺言を信じ、執念の取材を続けた記者が辿り着いた意外な事件の深層、警察の闇とは。
「記者の教科書」と絶賛された、事件ノンフィクションの金字塔!
日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞受賞作。
----------

先日読んだ「殺人犯はそこにいる」で、ノンフィンクションの力強さと迫力にただただ圧倒され、そして深く考えさせられた。

その中でもたびたび取り上げられていたこの本を読んでみた。

信じられない事実が、まさに驚愕の真実がそこには書かれていた。

あまりにも惨くて、あまりにも悲しい事実。

人として当たり前と思いたい思いやりの心は、そこにはなかったのだろうか。

ここに書かれていることが、小説ではなく本当にあったことと、受け止めたくないと思う気持ちと、しっかりと受け止めどう考えていくのかと思う気持ちで、しばらく混乱した。

もう二度と、そして絶対に、同じ過ちが起きないことを心から願いたい。