プラチナデータ
東野 圭吾
幻冬舎
2010-07-01



Tairaオススメ度:★★★★☆

----------
国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。
警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。
検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。
殺さ れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。
彼らは、なぜ殺されたの か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。
犯人の名は、『神楽龍平』――。
追う者から追われる者へ。
事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。
そこに隠された陰謀とは。
果たして神楽は警察 の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。
----------

今年最初に読んだのがこの本。

やはり東野圭吾の本は読みやすくて面白い。

ストーリーの展開も分かりやすくイメージしやすいので、東野圭吾の本はよく映画化されているってのも納得。

ただ、映像化しやすい反面、映像化できないような突飛な展開や目を覆うような表現があまりないので、少し物足りなさを感じるなと思うのも事実。

この本も少し前に映画化されていたので、今度、DVDを借りてきて観てみたいと思う。

なんだかんだ言いつつも、とても面白い小説だった。