悪の教典〈上〉 (文春文庫)
貴志 祐介
文藝春秋
2012-08-03



悪の教典〈下〉 (文春文庫)
貴志 祐介
文藝春秋
2012-08-03



Tairaオススメ度:★★★★★

----------
晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。
しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。
学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき―。
ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。
圧倒的人気を誇る教師、ハスミンこと蓮実聖司は問題解決のために裏で巧妙な細工と犯罪を重ねていた。
三人の生徒が蓮実の真の貌に気づくが時すでに遅く、学園祭の準備に集まったクラスを襲う、血塗られた恐怖の一夜。
蓮実による狂気の殺戮が始まった!
ミステリー界の話題を攫った超弩級エンターテインメント。
2010年度「このミステリーがすごい!」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第1回山田風太郎賞。
----------

出張が続くので、長編のミステリーが読みたいなと思い、前に読んだ悪の教典が文庫本で出てたので、もう一度読んでみることに。

怪作です。

禍々しくも強烈に惹きつけられる凄まじい内容に何度読んでも圧倒されてしまった。

やはり面白い小説です。