昨日、くだんのビックなプロジェクトについて、複数の会社からプレゼンテーションを受けました。

プロジェクトがビックなため、プレゼンテーションをする側も受ける側も責任重大。

なので、プレゼンの内容に中途半端な部分や知ったかぶりな部分があると、容赦なく突っ込む我が上司たち。

しかもかなり手厳しい指摘。

プレゼンしている側は、ここまでの指摘があると思っていなかったらしく、かなり動揺している様子。
プレゼンを受ける僕でさえも胃が痛くなるような重苦しい雰囲気。

だけど、それはあくまでもプレゼンの内容に中途半端な部分がある場合の話で、事前にしっかりと勉強し丁寧に提案してきた会社については、それほど辛辣な指摘はなかった。

会社選定の基準には、勿論、提案内容も大きく左右しますが、それに加え、事前に提案の内容をしっかりと精査し、プレゼン自体を何度も繰り返し練習してきたか、そういうことも非常に重要なんだなと改めて考えさせられました。

僕自身もプレゼンを行う機会が往々にあるので、非常に勉強になった会議でした。