とてもとてもお世話になった上司が異動になるとのことで、その上司から、家にごはん食べに来いよと誘われたので、お誘い有り難うございますってことで、上司の家に行ってきました。

すると、とても素晴らしく美味しい料理が次から次へと出てくるもんだから、恐縮しつつも全て美味しく完食させていただきました。

しかも上司自身がメインディッシュの肉料理を調理してくれるもんだから、心から感激してしまいました。

この上司の下で働けたことを、とても光栄に思います。
2年間の付き合いでしたが、多くのことを学ばせていただきました。

上司が、後数週間でいなくなると考えると、やはり寂しく思います。

肉料理をほお張りつつ、美味い美味いとうつむきながら、こっそりと涙を流す僕でした。

本当に有り難うございました。