パソコンなり携帯電話から送信されるメールはコミュニケーションツールとして、果たして機能しているのかどうか、僕はいつも不思議に思います。

もちろん、僕自身も仕事での連絡等は主にメールを使っているし、携帯電話のメールも頻繁ではないにせよある程度は使用しています。

だけど僕は、メールを送信し相手から返信が届くまでの間隔がとても苦手です。

返信が遅いと、こちらから送ったメールが届いたかどうかが気になるし、返信を求めているという意図が伝わっているかどうかが不安になります。

それに、メールだと微妙な感情を伝えることが難しくて、要件だけを簡潔に記すと、やたらと無愛想なメールになり、たまに相手を不快な気分にさせてしまっていたり。かと言って絵文字とかを使う気分にはどうしてもなれないし。

また僕は、メールを終わるタイミングが良くわからなかったりします。
こちらから相手にメールを送信し、それに対しての返答が届く。
僕の場合はだいたいこれで終了ですが、返答に対しての返答を相手が求めている場合も多々あって、そんな場合には、大抵相手を不快な気分にさせてしまっていたりします。
もちろんその気持も理解できます。

電話は相互に意志を伝えることができ、手紙はある一定の間隔を互いに了承した上で意志の伝達が行われます。

メールはちょうどその中間位に位置していると思うのですが、僕はなぜだか電話と同様の迅速性をメールに求めている場合が多いです。

なので、僕はメールを使ってのコミュニケーションがあまり得意ではありません。

コミュニケーションツールとして主流になりつつあるメールですが、僕としてはそれはそれで困ったものだというのが正直なところです。

そうそう、電車に乗ると、皆が一斉にメールを打ち始める光景をとても異様に感じているのは僕だけだろうか。