----------
可愛い君よ外に出てこないか。
君の歌を歌っているんだぜ。
愛してるって叫んで喉から血が出た。
愛のガソリン満タン現金払い。
俺のスピードはぐんぐん速くなる。
ボーッとしているお前の人生の10倍。
ほらぼちぼち起きて何かをやれよ。
でも死ぬまで俺には追いつけっこない。

魔人が今日歩き出す。
話す言葉意味不明。
何もかもが分からない。
その姿は風のよう。
スピードをつけながら笑ってる。

このまま終わってたまるかなんて言いながら
ファミリーコンピューターの赤いコントローラーを
パチパチやってる自分が
ばかばかしくて
ばかばかしくて
自殺志願者が線路に飛び込むスピードで
生きていこうと思うんです。
----------

それぞれ僕が大好きな詩の一部です。

今日僕は一つ歳を重ねました。
加速するためのギアを一つ上げたような爽快な気分です。

スピードをつけながら笑ってる。
そんな人生を謳歌することが僕の理想です。

それしてもチーズケーキはうまい。