IMG_0123

IMG_0125

Soil & SacrificeプロジェクトとしてTシャツを作成しました。

今回は、前面に「Sacrifice」という文字、背面にイナズママーク、というシンプルなデザインにて作成です。

1回目の作成ということで、いろいろな反省点や課題点が分かってきました。
出来上がったTシャツは、正直に言うとかなり雑な仕上がりになってしまいましたが、それはそれでとても勉強になった愛着ある1枚と言えます。
何はともあれ記念すべき初作品です。

次回は以下の反省点を踏まえ、より良いTシャツを作成したいと思います。

<今回の反省点>

・Tシャツのボディは無印良品のピマコットンTシャツ
・プリント部分はTシャツ用スプレーを使用。
・A3の普通紙にプリントする文字とマークを印刷。
・プリントする文字とマークをカッターで切り取る。
・Tシャツの印字したい部分にA3用紙をガムテープで貼付ける。
・Tシャツ用スプーレを5分間隔で3回吹き付け。

・Tシャツのボディは薄手だと肌着っぽくなり微妙厚手であればある程良いか検討。
・前面の文字はもう少し下に配置した方がバランス的に良い。
・1番大切なデザイン用の紙は、普通紙だと、スプレーの水気を含みペラペラになりボディから浮き上がる。
・今回は上記のことにより逆に擦れっぽいデザインを行う際には効果的と判明。
・デザイン用の紙は画用紙かクリアファイル等、厚く思い素材が良い。
・↑ただし、厚く固くなりすぎると文字を切り抜く際にかなり大変。
・スプレーは予想以上に広範囲に広がるため、スプレーする際は切り抜いた箇所以外はすべて隠した方が良い。
・5分間隔で3回スプレーしたが、まだ色は薄い感じ。5回程度が良いか?
・今回は2枚作成したが、スプレー1本をほぼ使い切った。
・↑コストパフォーマンスを考えるのであればスプレーよりもペンキ式の方が良い。