そうそう、ウォッチメンと言えば、エンディングに爆音で流れるこの曲が最高にカッコ良いです。

原曲はもちろんボブ・ディラン大先生。

ウォッチメンのあのエンディングにこの曲をチョイスすることが、この映画で頻繁に使われる「ジョーク」という言葉そものを体現していると思います。

悪い冗談を聞いたようなエンディングにおいてのこの曲です。
それ自体が冗談だよって軽くあしらわれたような、それでいてあながち悪い気はしないような、そんな気分です。

この廃墟の街から僕は何を学ぶのか。
そう問われた気がします。