新世界より 上新世界より 上
著者:貴志 祐介
販売元:講談社
発売日:2008-01-24
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


新世界より 下新世界より 下
著者:貴志 祐介
販売元:講談社
発売日:2008-01-24
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


Tairaオススメ度:★★★★★

----------
子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。
一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。
いつわりの共同体が隠しているものとは―。
何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

八丁標の外に出てはいけない―。
悪鬼と業魔から町を守るために、大人たちが作った忌まわしい伝説。
いま伝説が、「実体」となって町に迫る! 人類が手にしたのは、神の力か、悪魔の力か。
3年半ぶり書下ろし長編小説。
----------

この小説、面白かったです。

最初は、1000年後の地球という時代設定と、「呪力」という魔法的な話が登場する内容に、どのような展開に話が進んでいくのか少々不安がありましたが、数ページ読み進めるだけでそのことは杞憂であることを確信しました。
結果、想像を遥かに超えた壮大かつ深甚な物語は圧倒的な迫力を持って僕の心を鷲掴みしました。
心から楽しめました。

1000年度の地球という設定が安寧である訳がなく、禍々しく統制された秩序の下に暮らす人々。
その秩序にほんの少しの亀裂が入るだけで、いったいどれくらいの混沌が引き起こされるのか。
物語はクライマックスに向けて序盤から畳み掛けるように進展していきます。

呪力(超能力)が使えるようになった人間が他人に対してどのような態度をとるか。
この本に書かれた内容は決して行き過ぎた行動ではないと思います。

僕的には「黒い家」を超えたと思います。
本当に面白い本でした。