2008年ももうそろそろ終わろうとしています。
僕にとっての2008年は”選択”の年だったと思います。

ようやくこの年になって、自分が必要とするもの(こと)とそうでないもの(こと)との区別がつけられるようになってきました。
公私ともにすごく大きな意味を持った一年でした。

仕事では、これまでにないくらい大きなプロジェクトに関わりました。
自分が抱えきれる作業量を大きく超えたそのプロジェクトを成功させるために、これまで何でもかんでも自分でやらなければ気が済まなかった仕事のやり方をかえることにしました。というよりも変えざるをえなかったというのが本音ですが。
自分が得意とする分野とそうでない分野を手帳に書き出しました。
得意でない分野を全て最優先の課題にしました。
そして自分の得意は分野は可能な限り後回しにしたり他の人に任せました。
結果、多くの人に評価していただけるプロジェクト内容となりました。
今回のプロジェクトでは、僕が作成した資料が全国に配られました。
そのプレッシャーに何度か心が折れそうになりましたが、やり遂げた達成感は何物にも代え難いくらい素晴らしいものでした。
とてもとても良い経験をさせてもらえたと思います。

プライベートでも、いろいろと考え方を整理することができました。
僕が思うことが必ずしも他の人にとって共通の認識ではないってことを知ることができました。
またその逆に共通の認識を持つ人もいるってことを知ることができました。
僕はこれまで多くの人に自分の考えを無理強いしていた感があります。
しかし、互いにイメージするビジョンが異なったりベクトルが違う方向であれば何事もうまくいくはずがありません。
でも、互いにイメージするものがシンクロする場合は、互いの想像を遥かに超える素晴らしいものが作り上げられるってことを確信しました。
そういったことを教えてくれた友人達に感謝です。

どちらが良くてどちらが駄目かっていう話ではありません。
いろいろなパターンを理想的な形で選択することで、結果として互いに良い方向に進むことができるってことを学んだっていう話です。

物事は単純ではない場合とそうでない場合があるってことです。

また今年は多くの本を読みました。
可能な限り本を読み続けることを自分の課題としました。
この本の読み方は余韻を楽しむことができないという難点がありますが、多くの本を読むことで学ぶことも多くありました。
来年は今以上のペースで本を読みたいと思います。

前置きが長くなりましたが、恒例の8つの質問に自問自答してみようかと。

(1) 今年達成したことで大きな事は?

1.やはり仕事のプロジェクトはとても有意義でした。
2.今年は友人の結婚披露宴のDJ、二次会のDJを結構な数させていただきました。
3.”ツールドおきなわ”の完走は結構感動でした。
3.このウェブログが続けられたことも僕にとっては意義のあることでした。

(2) 今年達成出来なかった事は?

1.見返りを求めないことです。

(3) 今年買って良かったモノは?

1.FORZAですね。自転車とはまた一味違う楽しみを知ることができました。

(4) 今年買って後悔したモノは?

1.無しです。少しずつだけれども審美眼が養われてきているような。

(5) 新年に決意することは?

1.取捨選択から導きだされる結果。
2.自分が楽しいと思うことの追求。
3.もっと貪欲になる。2の延長ですね。
4.本を読む。
5.今年は友人達との付き合いにできるだけ顔を出したいと思います。

(6) 大晦日の予定は?

1.年越し蕎麦を食べる。
2.より素敵であろう年の到来を祝福する。

(7) 2007年1月1日の予定は?

1.一日一日を素敵に過ごすための努力。

(8) 2007年、コンピューター関連で何が楽しみ(期待)?

1.小型軽量化されたMacの発表。(これ毎年の楽しみです)
2.WEBアプリケーションの進化。(これも毎年の楽しみです)

以上です。

何度も書いてしまいますが、2008年は本当に素晴らしい1年でした。
全て周りの方々に支えられているお陰だと思います。
面と向かってはなかなか言えないけれど本当に心から感謝しています。
2009年はこういった感謝の気持ちを伝えていける自分になりたいと思っています。

なので2009年のテーマは”more gratitude”にします。

英語の使い方が正しくないような気もしますが、そのへんは微笑ましいと受け取ってもらえれば幸いです。

さあ2009年も心から楽しみたいと思います。
よろしく。