h200828-6


ダークナイト見てきました。

とてもとても面白い映画でした。
面白いと言っても、アメコミヒーロー映画にありがちな、勧善懲悪的な気分爽快心はウキウキってな面白さでは全く無くて、正義と悪というものについて真剣に考えさせられる、とてもシリアスな面白さをもった映画でした。

僕はアメコミを実写化した映画は基本的に苦手でして、そこに恋愛のエッセンスが加わろうものなら、もう完全に遠慮したいジャンルなのですが、このバッドマンシリーズ(前作のビギンズと今回のダークナイト)は、どちらかと言うとサスペンス要素が強くて、少々恋愛のエッセンスが入ってくるところもありますが、恋愛的なエッセンスはあくまでもストーリーの補助的な部分でしかなくて、正義のヒーロー像を単純なアイコンとしてではなく実像として描こうとしている綿密さが、よくあるアメコミ映画と一線を画しているように思え、僕はこの映画を心から楽しむことができました。

お勧めです。