アヒルと鴨のコインロッカー


先日の東京出張の際にこの本を読みました。
素晴らしく面白い小説でした。

ストリー、展開、テンポ、全てにおいてバランスの良い小説ではないかと思います。
また、この作品に一貫して流れているスタイリッシュな雰囲気が心地良くて、登場人物の立ち居振る舞いや考え方、会話など、僕自身もこうありたいなと心から思う場面がいくつかありました。

物語の展開はというと、過去と現在の物語が行き来しつつ、これら二つの物語は少しずつ互いに絡み合い、そして完全に繋がる時果たしてハッピーエンドかそうでないのか。そういう流れでした。

具体的な内容は、ここで書くことはしませんが、僕は最後の流れは全く想像していませんでした。
なるほどそういうことか。と感動した反面、そのことに少し悲しさを感じたのも事実でした。

とにかく久しぶりに面白い小説に出会えました。