家守


先日の連休を利用して読んだのがこの本。
ちょっとした空き時間を利用してサクッと読めるようにと選んだのは、歌野晶午の表題作を含む5作が掲載された短編集です。

物語はどれも面白かったと思います。
”面白かったと思う。”という微妙な言い回しの理由は、全ての物語には共通してどこか影があるからです。
人間のちょっとした過ちが気づけば深い歪みへと変わり、後は悲しい結末へと淡々と向かっていくような、そんな物語だったからです。

しかもこれら物語の内容は決して現実離れした話ではなく、ひょっとしたら身近に起こりえるような想像に難しくない内容なので、やはり複雑な心境になりました。

この本を読んで、歌野晶午の書く本をもう少し読んでみようと思いました。