今日、高校生の前で話をしてきました。

高校1年生の1クラス40名くらいの生徒を前にして話をしました。
話した内容は、「今もそしてこれからも楽しくなくてはいけない」ということと、「どんな小さな決断でもそれはドラマティックである」ということ、そして「結局はお洒落な人生が送れるか」ということの3つです。
この3つのことは僕自身が常に意識していることで、僕自身まだまだ勉強が必要ですが、一応こういう考え方もあるんだよってことを少しだけ伝えられれば良いかなと思い話をしました。

結果から言いますと、不完全燃焼です。

マインドマップを活用して話す内容を整理し、そして高校生が興味を持つであろう出来事を具体的に話しよりイメージしやすいように話を構成していたにも関わらず、僕自身が緊張してしまい必要以上に早口になり、ところどころ何を言っているのか伝わっていないことが何度かありました。
さらに、最後の方で時間が気になりだし、話に強弱を付ける余裕もなくなり、その結果10名ほどの生徒の眠気を誘ってしまうという、何なんだよっていう結果になってしまいました。

そういう情けない結果になってしまったにも関わらず、僕の話を聞いた後に生徒にとられたアンケートの感想欄では、「面白かった」、「また聞きたい」、「カッコ良いと思うことを心掛けたい」等々の嬉しくなるコメントが書かれていて、少しだけ救われました。

それにしても自分自身にがっかりです。
人前で話すことは比較的得意と思っていた自分が恥ずかしくなりました。
これを機に、人前で話すということを勉強してみようと思いました。
高校生よりも自分自身が勉強させられた、そんな一日でした。

こんな機会を与えてくれた友人に心から感謝です。
ありがとう。