来年はトラベラーズノートを手帳として使用すると考えていた矢先、ひょんなことからほぼ日手帳を手に入れました。
手にしたほぼ日手帳は落ち着いた雰囲気の牛革ガラス加工のダークブラウン。

なんてこったい素敵すぎです。この手帳。
今年僕が使っていた牛革キャメルよりも、しっとりとした大人の雰囲気を程良く主張するガラス加工のダークブラウンが、僕の物欲ストライクゾーンのど真ん中を間違いなく通過して青空へと。とかとか。

という訳で、来年もほぼ日手帳を使用することに決定です。
ありがとうございます。

それにしてもしばらくトラベラーズノートに離れてみることで、この手帳の使い勝手の良さがとても分かりました。
例えば、各ページに薄く引かれた区切り線やページの隅に配置された小型カレンダー等々。
より使いやすい手帳を目指して毎年改良しているってことはこういうことかと今さらながら感じました。

h181207-1

見る角度によっては黒に見えたり深い茶色に見えたりします。
この絶妙なチョコレート色が程良い大人の雰囲気を醸しています。

h181207-2

1日1ページの手帳にも関わらずこの厚さです。
トモエリバーという紙はすごく良くできています。くしゃくしゃになってなお味の出る紙というか。

h181207-3

2007年版から付いた小型ポケット。
僕は必要ないのでは?と思いましたが、実際に使ってみないと分からないですね。