h180831


昨日東京に行ってきました。
上の写真は東京に向かう飛行機にてパチリ。

そんな清々しい写真を撮った数時間後、僕は自分の無力さを痛感する出来事を経験しました。

会議も終わり帰りの飛行機まで時間があったので浜松町の駅ビルにある本屋に寄ることに。
本屋で本を散策しているところ突然”ガガガ”とものすごい音と衝撃。そして揺れグラリ。
地震です。
店内に響き渡る”ただいま地震が発生しました。建物の外に出るのは危険です。危険です。”のアナウンス。
恐怖におののく僕。

後でその地震は震度3と知ったのですが、体感的にはもっと揺れたように思いました。
しかし、僕は予想通りというより予想以上に、突然の災害に対して身動き一つとれませんでした。
ただただオロオロとするばかり。
しかも店内も軽いパニック状態で、突然走り出す人。しゃがみ込む人。等々。
そんな光景が僕の不安をより一層煽るのですが、一体どういう行動をとれば良いのか全く判断付かない僕。

その後、地震も無くホッと胸を撫で下ろした僕でしたが、改めて災害の際の自分の無力さを痛感しました。
沖縄に帰ったら災害グッズはちゃんと揃えておこうと真剣に考えた一日でした。