時計館の殺人


迷路館の殺人


この間の長崎県と福岡県の出張の際に飛行機の中で読んだのがこの小説2冊。
綾辻行人の本を手にしたのは”十角館の殺人”と”殺人鬼”以来です。

さてさて感想はと言いますと、「読みやすい!」の一言につきます。
内容ももちろん面白いですし、物語に描かれている登場人物もリアリティがあり、自然と物語に感情を移入することも出来ました。。

ただ、今一つ物語に深さが足りないような感じがします。
言葉で表現することは難しいのですが、犯人の動機が深みに欠けているというか、犯罪トリックも建物の仕掛けに頼りすぎているようなところがあるというか。探偵役を務めるキャラクターも軽いのか頭が良いのかただ運が強いだけなのか若干掴みにくい雰囲気もあります。

それでも、読後感はそこそこ爽快で、次はどの館での物語を読もうかななんて考えてみたりもします。

来週も再来週も東京への出張が予定されていますので、次はどんなミステリーを読もうかと今から楽しみにしています。