jet sounds


今年も残すところ後1日となりましたね。

今年も良い音楽との出会いは数知れず。
CDやレコードを月に最低10枚入手にすること(レンタル含む)をほぼ義務化し、また今年は聴かず嫌いを徹底して廃したので様々なジャンルを網羅した形で音楽を楽しむことが出来た一年であったと自負しています。

そして今日も何気なく寄った中古レコード店を時間潰し感覚で覗いていたところ、これまたこんなナイスな音楽が普通に並んでいるではないですか。しかも洋楽ポップのコーナーに。

きっと今年最後の購入となるであろうCDはイタリアの伊達男ニコラ・コンテのファーストアルバム”JET SOUNDS”でした。
偶然とはいえなかなか洒落た締めくくりに個人的に大満足の夜。

ニコラ・コンテの新作は、なんと”BLUE NOTE”からのリリース。
そのアルバムはまだ耳にしていないので来年聴くべき音楽に早速エントリーです。

音は、ジャズやブラジルな音が素敵にクロスオーバーそしてポップ。
とても聴き易く耳に馴染み易い音だと思います。