そのケータイはXX(エクスクロス)で

週末の仕事帰りに本屋に寄り、吟味に吟味を重ねたうえで一冊の本を買い、その本を休日にゆっくり時間をかけて読む。ってのが最近の密かな楽しみ。

といっても僕が読むのは専らミステリー小説で、しかも、「〜大賞受賞」とか書いてあると、ふらふらっと吸い寄せられるかのようにその本を手に取ってしまいます。

そんな訳で、この本は、宝島社主催の第1回「このミステリーがすごい!」大賞の最終候補作となったそうで、選には漏れてしまったが、編集者が捨てがたい魅力を感じたため、特例として出版されたってところに興味をそそられ、購入を決めました。

読んだ感想は、単純に面白かったです。
最初から最後までスリリングな展開がこれでもかこれでもかと迫り、息つく暇を与えない構成に最後まで一気に読めました。
いろいろと酷評を受けたりしているこの作品ですが、本を読んで何かを得ようと考えるのではなく、読んでいる瞬間を、また早く続きを読みたいと思う楽しみを感じさせてくれる本は僕は好きですね。