友人の紹介で「松岡正剛」という人を知り、『千夜千冊』という前人未到の偉業を知りました。
あまりのスケールに驚き、と同時に、あつかましくも自分でも挑戦してみたい衝動に駆られました。
一日に一冊書評をするということは、今の僕には到底出来そうにもありませんが、一日に一曲の紹介ならどうであろうか。と無謀にも思いつきました。
最近、頭で考えていることと、実際の行動にいろいろとギャップを感じることが多々ありましたので、とりあえず挑戦してみようかと思います。

紹介する曲やその曲についての感想は、僕の偏見によるもでして、しかも稚拙な文章ですので、いろいろと誤解やらなにやらとあるかと思います。その時はご了承ということで。