悪意

とてもとても面白い本でした。

僕は、東京出張の際は必ず那覇空港で一冊の本を買います。
那覇から東京そして東京から那覇の飛行時間(飛行機に乗っている時の待機時間を含めて)は合計で約6時間。その時間を有効に利用するには読書が最適という理由からです。

それにしても、ほんとに面白い内容で、最後の最後までグイグイと引っ張られるように一気に読み込みました。

ここで具体的な内容を記すのも無粋なので控えますが、必要最小限の人物の描写、絶妙な展開、一人称や二人称を交互に繰り返す会話描写、人間心理を用いたトリック等々、ほんと一読の価値はあります。

来週も東京出張がありますので、もう一冊この作者の本に挑戦してみようかと考えています。