堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方

会社の同僚からこの本を借りたので、読んでみた感想をちらりと。

「儲かる会社のつくり方」と題されているので、果たしてどのような手法を用いた経営術が記されているのかと興味津々読み進めてみると、そこには特に真新しい経営術は記されてなくてちょっとがっかり。

だけど、改めて考えてみた時、奇抜な経営術を用いなくともこれだけ大きな企業へと成長させることができたのは堀江社長の人徳なのか才能なのかと、新たな興味が湧いてきて、他の著書も読みたくなるのは確か。

実際、読みやすい文章とテンポ良い(ちょっとテンポ早過ぎ?)構成で一気に読むことができました。

こういう本を蔑ろにする人より、口だけでも「俺もいつかは企業してやる。」っていってる人が僕は好き。男のロマン。そういうこと。